フリーランスが使えるお得な制度:小規模企業共済とは

「小規模企業共済」という名称のせいで

起業したての個人事業主の方にはピンとこないかもしれません。

独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しているもので、

フリーランス(および小規模な企業の役員)の方でないと加入できない、とてもお得な制度です。

どのへんがお得なのかというと

 

制度の概要

退職金制度を持たない個人事業主(詳しい加入資格はこちら)が

廃業した時や退職した時に受け取れる共済金の積立制度です。

マイナス金利の今、予定利率は1%とまあまあ。

安定していますが、特別優れているわけでもありませんし

基本的に退職手当の代わりになるものなので、

途中で解約をおこなった場合は、掛金合計を下回る事もあります。

ですが、

単なる預貯金や民間の個人年金とは異なる点があります。

 

税制で大きなメリットが!

毎月の掛金は1,000円から7万円まで自由に選べますが、

その全額が「所得控除」つまり非課税になります。

リタイア後の備えをしながら節税になるなんて、なんてお得なんでしょう!

所得の高い人ほど所得税率が高いためも節税効果も大きくなります。

住民税も軽減され、住民税が軽くなれば、

国民健康保険料を納めている方や認可保育園に子どもを預けている人は

それも軽減される可能性が。

そして将来退職(廃業)して共済金を受け取るときも、退職所得扱いになり

普通に預貯金や運用したお金を受け取るときより非課税枠が大きいのです。

 

お得な制度はどうやって知ったらいい?

顧問税理士さんがいれば、加入を勧められる事も多いはず。

でも、確定申告は自分でしていて所得控除や経費の理解が追いついていない、というような方の場合

「小規模企業共済」って言われても法人化してないから関係ないよねとスルーしてしまいがち。

毎年非課税枠を活用して、それが20年以上などの長期に渡れば

税率や掛金の額によっては何百万円ものメリットになる可能性もあるのに!

お得な制度って結構難しい名前のものが多く、知らずに損している可能性もあります。

 

今はいろんな情報がネットで入手できますが、自分に必要なものを選び取るのは至難の技。

気になる方は、FPに相談するのがオススメです。

ご相談はこちらから!

 

 

 

 

 

「自立」のためのライフ&ビジネスデザイン教本

シングルマザーの起業をリスクから守るための要素を教本にまとめました。
お金のモヤモヤをすっきりさせ、ハラハラをわくわくに変え、自立に向けてお金の基礎力をアップできる教本です。