【フリーランス妻がサラリーマン夫の扶養に入れるライン①税金】

この時期質問が多いので、おさらいがてらシェアします。
 
収入から「経費」を引いた額が「38万円(基礎控除)+65万円(青色申告をしている場合)」以内なら、夫は配偶者控除を全額受けられ、妻も所得税を払う必要がありません。
 
経費は事業のためのコストであれば上限はありません(ただし、額により単年で損金算入できないものもあります)。
 
※青色申告をしていない場合は65万円特別控除はありません。
※いわゆる「103万円」は収入が給与のみの場合でフリーランスには関係ありません。
※社会保険の扶養と税の扶養は異なります。
■前提条件
  • 夫:会社員(サラリーマン)、妻:個人事業主(フリーランス)
    一緒に暮らしていて、夫の給与で生計を立ている

■用語の説明

  • 収入:フリーランスの場合、「売上」金額。会社員やパートの場合、「給料」の総支給額(ただし、交通費は除く)。税金などモロモロ差し引かれる前の金額を指す。
  • 所得:収入から必要経費を差引いた金額。収入ー経費=所得。
  • 控除(所得控除):一定額を所得から差引くこと。基礎控除(38万円)、青色申告特別控除(最大65万円)、給与所得控除(最低65万円)、配偶者控除(38万円)など