北欧に学ぶ 自分もまわりも幸せになる「マイタイム」のつくり方

3連休の最終日、ライフドック横浜のイベント『北欧に学ぶ 自分もまわりも幸せになる「マイタイム」のつくり方』を開催しました。

100年ライフに必要な指針・選択肢をテーマに掲げる「ライフドック横浜」を設立した当初から、日本の課題へのヒントが多い北欧から学ぶワークショップは絶対やろう、と思っていました。

ゲストファシリテーターの戸沼さんは、わたしが独立した年に自主上映した映画「happy〜しあわせを探すあなたにへ〜」の北欧のコミュニティハウスに興味深々だったタイミングに出会い、私の北欧熱に灯をつけてくれた方。それ以来講座に参加したり、私がコーディネートをしていたサイトでインタビューをさせていただいたり(マザーポート)と、常に刺激をいただいています。

働き方や教育や福祉のあり方など、あるいは気象条件や歴史との関連性が深いライフスタイル、資源エネルギーや政治のあり方など北欧は様々な切り口から日本に住む私にヒントを与えてくれます。だからこそ、今回どんな視点でイベントを開催するか、悩みに悩みました!

そして打ち合わせを重ねる中でマイタイム、つまり「時間」の使い方というテーマに決定。どれだけの方が関心を持ってくれるかな、と不安でしたが、結果様々なバックグラウンドを持つ方々で満席となりました。そして北欧を熟知している戸沼さんだからこそ知り得る歴史的背景や気質への洞察の深さや対話が日常の中にある北欧そのままの自然体のファシリテートが参加者に心地よい気づきをもたらし、私にとっても幸せな時間でした。時間というのは誰にでも平等に与えられ、かつ有限なものですが、そこに今あるタスクをはめ込むのではなく、何を優先するか、手放すか、という概念に気づき、この秋の連休の始めに体感してもらえたことがとても意義のあること。

ライフドック横浜は月一回の交流会と3ヶ月に一回のイベントを開催しています。
次回は高安 千穂 (Takayasu Chiho)さんによる「多様な生き方・働き方交流会」
こちらもキラーコンテンツに昇華しつつありますので、いろんな方に見届けていただけたらと思います!
https://www.facebook.com/events/2197450897167789/

「自立」のためのライフ&ビジネスデザイン教本

シングルマザーの起業をリスクから守るための要素を教本にまとめました。
お金のモヤモヤをすっきりさせ、ハラハラをわくわくに変え、自立に向けてお金の基礎力をアップできる教本です。